So-net無料ブログ作成

ヤフーで話題になったニュース2014

2014年、ヤフーで話題になった芸能・スポーツニュースなどを題材に私の感想・意見を綴っていきます。

 

アナ雪レリゴーの意味とは? [芸能・エンタメ]

こんにちは、たかみつです。

今日は、空前のヒット作「アナ雪」のレリゴーの意味とは?に迫ってみたいと思います。
33129942.jpg
「レリゴー」は「Let It Go」のこと。
「レット・イット・ゴー」を歌にしたときに「レリゴー」と聞こえることからそう使われるようになったようです!
ちなみに、「Let It Go」をそのまま日本語訳すると「あきらめろ・ほうっておけ・どうでもいいこと」という意味になるので「ありのままは」直訳ではありません。
「ありのまま」と訳された理由ですが、
「Let It Go」を「ありのままは」と訳したことには、実は、「レリゴーレリゴー」という口の動きが、日本語の「ありのーままのー」の口の動きと似ていることから「ありのまま」と訳されたそうです!!
うーん!確かに似ているといえば似ていますね(笑)
というわけで「どうでもいい」などと直訳されず、きちんと本来の意味をとらえたまま「ありのままの」と訳されたレット・イット・ゴー。
こんなにも使われるようになったのは、「ありのままの姿をみせる」というメッセージが現代を生きるひとたちの心を打ったからかもしれません。
松たか子やMayJが歌っている(最近では徳永英明もカバーすることが決定しました。)
日本語版の「Let It Go~ありのままで~」は、劇中で松たか子さんが、そしてエンディングやテレビを中心としたメディアではMayJさんが歌っているのが印象的だったのではないでしょうか?
ちなみにエンディング曲では1曲のなかで9回も「ありのまま」という言葉が登場するのですね!!
これだけ出てくれば「ありのまま」のフレーズが多くの人の心に残ったのも頷けます!!
というわけで今回は、アナ雪レリゴーの意味とは?というタイトルでお届けしました。
[スポンサーリンク]





共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。